このページでは自転車事故で物損と人身との違い、人身切り替えしないとどうなるか?ということについて詳しく記しています。

  • 勝手に物損にされた?
  • 物損事故、人身事故何が違うの?
  • ぶつかられたんだから人身事故でしょ?
  • 物損だと保険おりないって聞いたけど?
  • 結局、どうしたらいいの?

といた疑問について記しています。

あなたや身内、子供やご家族が自転車にはねられて相手に逃げられた!なんて場合の参考になれば嬉しいです。

※ここで記しているのはあなたが歩行者、もしくは自転車で相手も自転車という場合の話です。






※以下のボタンで簡単にLineやツイッターでメモできますのでどうぞ!


自転車事故が起きた時は物損事故扱いになっている




届け出を出さない限り物損事故扱い

自転車にぶつかられて怪我をした。
自転車同士で粒買って怪我をした。

いずれにしても、この段階ではまだ物損事故扱いになっています。

なので、

今すぐにでも病院に診断書を出してもらって人身事故の届け出をなさってください。

そうしなければ人身事故になりません。


人身事故、物損事故の違い


受け取れる保険金額などが大きく変わります

  • 大した怪我じゃないし物損でいっか
  • ころんだけど今のところ何もないし物損でいいか
  • 相手が物損事故扱いにして!と言っているのでまぁ物損にしてやるか

いろいろな理由はあると思いますが、

物損事故と人身事故は全く違う扱いになります。

簡単に言うと、

物損事故は物だけの話 > 保険がものに対してのみ
人身事故は人の怪我についての話 > 保険は人に対してのものも使える

が全く変わってきます。


物損事故扱いになると


物損事故で処理されてしまうと後からどんな怪我がでようが自賠責保険(労災保険)、任意保険が使えなくなる可能性があります

例えば、

よく聞く話でいうと

事故した時は大したことなかったけど、後から病院に行ったら骨折してた

頭を打ってたんだけど何もなかったから物損で処理したら、後から倒れて入院した

こういうケースの時。

物損事故扱いになっていると自賠責も人に保険(相手、あなたのも含む)からお金が出ないことになります。

そうなってから人身事故に切り替えるのもできないことはないんですが、時間が経てば立つほど、

現場も変わるし、
相手も誰かに入れ知恵されたりなどでうまくいかなくなるケースが増えます。

なので、

自転車事故をして、体をどこかにぶつけたというときなどはとりあえず人身事故として警察に届けることが大切となります。


人身事故扱いしたければ自分で届けること



人身事故には病院の診断書が必要

人身事故扱いにしたければ、後日病院の診断書を持って警察に出向いて

「人身事故の届け出を出したいんですけど」

という必要があります。

その後、

  • 実況見分書作成(あなたと警察官で)
  • 1週間ぐらいで人身事故として受理
  • 2、3週間で事故証明が取れる

といった流れになります。

この事故証明書という書類が保険会社で必要と言われたり、労災で必要と言われたりします。

そこに人身事故と書いてありますのでそれが重要ということですね。


物損事故でも軽い怪我の場合は問題はないけど


物損でも保険会社次第で保険はおります

保険会社次第ですが、一応、物損事故でも保険が降りるケースがあります。

ありますが、後で後遺症なんかがわかった時に困るケースがありますので基本的には人身事故届け出の方が安全です。

例えば、

  • 実は病院に行ったら怪我していた
  • 後から腰が痛くなってきた
  • 頭痛がひどくて・・・

なんていう後遺症などが出た場合、先方の保険会社やあなたが入っている保険、労災などの保障を受けることができない可能性があります。


後から人身事故に切り替えればいいんじゃないの?


切り替えられますが時間が経つと警察に受け付けてもらいにくくなります

人身事故届を出すときに必要になるのが

  • 病院診断書(怪我が置きてすぐのもの)
  • 実況調書作成(警察でする)

が必要になります。

この病院の診断書ですが、事故が起きてすぐに病院に行ったという証明を兼ねていますので、何らかの事情で病院に行ってなかったなんて場合は貰うことができません。

なぜなら、

本当にその事故で怪我したの?

と思われるからですね。

そういう意味で病院に行ってない場合、怪我が軽すぎる場合などは警察に受け付けてもらいにくくなります。

そういう意味でも病院に行っておくことが重要です。


人身にしないで欲しいって言われた?



基本的にはそれでも人身にしておいたほうが安全です

被害者側的には怪我が軽い場合。

物損事故も人身事故も正直そこまで差は出ないものになりますが、相手側(加害者)はちょっと違います。

人身事故扱いで届け出を出されると

  • 点数が引かれる
  • 罰金がつく可能性がある

となる可能性があります。

そのため「人身にしないでほしい」と言われることがあります。

あるんですが基本的には後のことがわからない以上、安易に承諾しないで「怪我の状況がまだわからないので待ってください」と伝えておくのが安全だと思います。

※後から怪我や後遺症が出る場合が一番怖いですよね




まとめ



ここまでをまとめておくと自転車に跳ねれれた時、人身事故、物損事故どっちなの?どっちで届け出を出したら良いの?

という話でいうと、

  • 明らかにぶつかられていても警察が来た段階では物損事故ですよ
  • 人身事故にしたい場合は病院の診断書をもって警察に届け出が必要ですよ
  • 受け付けられて事故証明書を取るまでには1ヶ月ぐらいかかりますよ
  • そのためにも事故後すぐ病院に行っておいてくださいね
  • 後で病院に行ったのは受け付けられない可能性もありますので
  • 怪我が明らかに軽い時だけ物損でいいかもですね

というイメージでしょうか。

怪我が重い場合は保険を使うためにも面倒ですが人身事故一択となります。

怪我が軽い場合のときだけ相手とあなたの状況見ながら考えても良いかもしれません。


※以下のボタンで簡単にLineやツイッターでメモできますのでどうぞ!