ドイツの競技用自転車を得意とする自転車メーカーのキャニオンのミドルクラス自転車「アルティメットCF SL」に最新モデルが登場しました。

アルティメットCF SLと言えば、キャニオンのロードバイクの最上位モデルとしてラインナップされているアルティメットシリーズの1つですね。

競技用を元に、走りだけでなくライダーの快適性も追及されたモデルで、我々にも身近な存在になっています。

今回は、そんな「アルティメットCF SL」の最新モデルについて詳しくまとめました。

少しでも参考になればうれしいです!



※以下のボタンで簡単にLineやツイッターでメモできますのでどうぞ!


アルティメットCF SLの最新型の特徴は?

アルティメットCF SLの最新型の特徴は?
引用元:キャニオン公式サイト

リムブレーキ(キャリパーブレーキ)です。

従来のアルティメットCF SLはディスクブレーキモデルしかありませんでしたが、今回リムブレーキ(キャリパーブレーキ)モデルが新たに追加されました。

このリムブレーキ(キャリパーブレーキ)モデルは、世界選手権2018でスペインのモビスターチームに所属するアレハンドロ・バルベルデ選手を勝利へと導いた競技用最高峰モデルモデル「アルティメットCF SLX」と同じフレーム形状を採用しています。

同じフレーム形状ではありますが、カーボンファイバー素材が異なっており、その分コストが抑えられています。

素材が異なると言っても、剛性、快適性は同等に設計されており、唯一の違いは重量差(約150g)のみなんです。

自転車競技の世界で1位2位を争うには150gでも軽いほうが良いに越したことはありませんが、そこまでガチではない方も結構いらっしゃると思います。

そういった方々には、コスパに優れる今回のリムブレーキ(キャリパーブレーキ)モデルのアルティメットCF SLはもってこいですね。



アルティメットCF SLの最新モデルはいつ発売?

アルティメットCF SLの最新モデルはいつ発売?
引用元:キャニオン公式サイト

現在発売中です。

リムブレーキ(キャリパーブレーキ)を搭載したアルティメットCF SLの最新モデルは、公式サイトを見てみるとすでに販売中だと分かります。

ただ、サイズやラインナップにより在庫の有無が異なっていました。

一概には言えないのですが、在庫がないものは早ければ来月(2018年11月)で、遅い場合だと、2019年2月頃のものありました。

もし購入するのであれば、公式サイトで早めにサイズやラインナップを確認してみてくださいね。

参考:海外通販ならロードバイクやMTBが安く買えるって本当?>>ちゃんと届く?不良品とか大丈夫?



今回追加されたアルティメットCF SLのラインナップは?

今回追加されたアルティメットCF SLのラインナップは?
引用元:キャニオン公式サイト

以下の通りです。

今回追加されたリムブレーキ(キャリパーブレーキ)を搭載したアルティメットCF SLの最新モデルのラインナップと価格をまとめてみました。

  • アルティメットCF SL 8.0 AERO (アルテグラ)359,000円
  • アルティメットCF SL 8.0 Di2 (アルテグラ Di2)329,000円
  • アルティメットCF SL 8.0 (アルテグラ)249,000円
  • アルティメットCF SL 7.0 (105)179,000円
  • アルティメットCF SL フレームセット電動コンポ専用149,000円
  • アルティメットCF SL フレームセット機械式コンポ専用149,000円


ちなみに従来のアルティメットCF SLモデルは以下の通りです。

■ディスクブレーキモデルラインナップ

  • アルティメットCF SL ディスク 8.0 Di2 AERO (アルテグラ Di2)519,000円
  • アルティメットCF SL ディスク 8.0 AERO (アルテグラ)409,000円
  • アルティメットCF SL ディスク 8.0 Di2 (アルテグラ Di2)369,000円
  • アルティメットCF SL ディスク 8.0 (アルテグラ)29万5000円
  • アルティメットCF SL ディスク 7.0 (105)229,000円
  • アルティメットCF SL ディスク フレームセット電動コンポ専用199,000円
  • アルティメットCF SL ディスク フレームセット機械式コンポ専用199,000円

■ディスクブレーキモデルラインナップ

  • アルティメットWMN CF SL ディスク 8.0 Di2 AERO (アルテグラ Di2)519,000円
  • アルティメットWMN CF SL ディスク 8.0 Di2 (アルテグラ Di2)369,000円
  • アルティメットWMN CF SL ディスク 8.0 (アルテグラ)29万5000円
  • アルティメットWMN CF SL ディスク 7.0 (105)229,000円


という感じです。

リムブレーキ(キャリパーブレーキ)モデルはコストパフォーマンスに優れていることが分かりますね。

参考:海外通販ならロードバイクやMTBが安く買えるって本当?>>ちゃんと届く?不良品とか大丈夫?



アルティメットCF SLの最新モデルについてのまとめ

アルティメットCF SLの最新モデルについてのまとめ
引用元:キャニオン公式サイト

ここまで、ピナレロのトライアスロンのタイムトライアルバイクであるBOLIDEシリーズの最新モデル「BOLIDE TR+」についてお話してきましたが、簡単にまとめると、

  • 特徴はリムブレーキ(キャリパーブレーキ)を搭載していること
  • コストパフォーマンスに優れ、競技用のハイスペックバイクがより身近な存在に
  • 公式サイト通販での在庫状況は品薄状態なので欲しい場合はお早めに

といった感じになります。

最新モデルでは待望のカチューシャ・モビスター両チームカラーでの登場となり、ファンには嬉しいですね。

あのキャニオンのアルティメットシリーズもラインナップがますます充実し、選択の幅が広がったのは大きなチャンスだと思います。



アルティメットCF SLのリムブレーキ(キャリパーブレーキ)モデルを動画で確認



※以下のボタンで簡単にLineやツイッターでメモできますのでどうぞ!